>

トップページ  >  導入事例  >  医療法人タピック 介護老人保健施設 亀の里様

医療法人タピック
介護老人保健施設 亀の里 様

利用者に対して敬語で対応。
職員たちとの関係も良好です

介護老人保健施設 亀の里様は将来的な介護人材不足に備えるため、
2020年2月より先行的に外国人スタッフの受け入れを開始されました。
現在は中国出身の技能実習生3名が介護職に従事しています。

採用ご担当者様インタビュー

外国人スタッフのお仕事ぶりは?

素直で仕事熱心。教えたことを最後までしっかりやり遂げます。

利用者様のケア方法について分からないことや困ったことがあれば他の職員や管理者へ相談を行い、教えた内容をしっかり把握してから介護に取り組む姿勢が見られます。

※写真はイメージです。実際の現場やスタッフの様子を撮影したものではありません。

現場の様子はいかがですか?

日本人職員と良い関係を築き、利用者様も快く受け入れています。

日本人職員が介護職の知識・技術を外国人スタッフにわかりやすく教えるため、改めて教材や資料を調べて情報提供を行いました。それをきっかけにお互いの関係性が良くなり、現場でスムーズに実践できました。また外国人スタッフから積極的に利用者や職員へ声を掛ける様子が見られ、たとえば残業している他のスタッフに自分から声をかけて手伝うなどの気遣いもあります。
方言を話す利用者との会話なども心配でしたが、ご要望にしっかり耳を傾け丁寧に対応しています。また外国人スタッフの「日本の人はやさしい人が多い」という言葉が利用者の意識に変化をもたらし、リハビリなどへのモチベーションアップにつながったと感じています。

※写真はイメージです。実際の現場やスタッフの様子を撮影したものではありません。

医療法人タピック
介護老人保健施設 亀の里 様

沖縄市にある地域包括ケアを支える在宅復帰・支援リハビリテーション施設。80床を持ち、利用者の方々の生活機能向上や在宅復帰のためのリハビリテーションなどを提供する入所サービスを行っています。

まずはお気軽にお問い合わせください全国対応CONTACT

お問い合わせ・資料請求